長所:マイペース 短所:マイペース
家族内B型占有率・・80% 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ima no jikan
ccount
tamanihashasinndemo
ランキングにご協力ください
http://blog.with2.net/link.php?359413 人気blogランキングへ
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | PAGE TOP↑
aiko 彼女
category: music | author: 二葉
買ってしまいまいた。最近CDは買わないようにしてたからどうしようか、と思って
いたんですが・・。どんな感じかなーと店に寄ったら売り切れていて、ないとなると
欲しくなるものです。結局は、母親に頼んで近所で買ってきてもらいました。

感想としては。。買ってよかった!もともとは「スター」が好きで買おうと思ったん
ですけど、今では一番聴いていないくらい他の曲もよかったです。気付けば好きな割
に一枚もCD持っていなかったんですよね。

私は結構、歌詞の内容とかもじっくり聴く人なので何も聴かずに歌詞カード読んでい
たときは「ヤバイかなぁ」と思ったんです。今の私にハマり過ぎだろう、と。
でもいざ聴いてみたら予想外に曲調は明るいものが多くて、これじゃ落ち込めません。
これがSkoopOnSomebodyだったりしたら明日はきっと起きれないよ(笑)

ということで一曲ずつコメントしてたら疲れるし、いいとか言いながらも基本的には
どれも同じ感じなんでピックアップして感想書こうかな。
キラキラ 一番好きな曲。確か「頑張っていきまっしょい」の曲ですよね。
遠恋の歌かなと思ったけど、私には友達への歌に聞こえたりもする。ドラマのせいやろ。
雲は白リンゴは赤 タイトルは全くもって意味不明ですが、もうどうにも明るいから
失恋の歌だろうが何だろうが元気にならざるを得ないです。
瞳 お腹に赤ちゃんがいる友達に贈った曲だそうで、洗剤のCMで使われていました。聴けば「ああ・・」と分かるはず。別に親から子じゃなくても、大切な人に贈りたい
一曲ですね。

このアルバムは不器用な恋愛に後悔している感じがだいぶ強くて、でも曲調は決して暗くなくて。だいぶ立ち直りかけて、いい思い出にかえていく時期なのかな・・そしてそんな時期の人が聴いたら少し力が湧いてきそうな。
私にはタイムリー過ぎて、何も知らずに選んだ自分がちょっとおかしかったな。
comments(3) | trackbacks(98) | PAGE TOP↑
頂上決戦
category: プロ野球 | author: 二葉
朝から落ち着きません!何しろ阪神が4ゲーム差まで迫っています!!

今日から金・土・日とセ優勝を決めるであろう中日×阪神の3連戦です。
ここにきて不調な中日と最近9勝1敗と勢いのある阪神。
それに加えて今シーズンは阪神は名古屋ドームでの試合は中日に一度も勝っていません。
あー、もう!どうなるんだろう・・もちろん私は中日の応援をしますが、ここまで阪神
も頑張っているとこの3連戦は死闘になるはず。なんだか見ていたら涙がでそうです。

でも、とにかく中日のためには今日の初戦を落とさないこと!
そのためにも憲信は最近の試合を忘れてエースにふさわしい投球をしてほしいです。
ジンクスを絶対に破らせない!!
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
昌おめでとう!ありがとう!大好き!
category: プロ野球 | author: 二葉
明日は朝早いので実はこんなことしている場合じゃないんです。
でも、どうしてもこれだけは言いたい!

ミスタードラゴンズ 山本昌
小学生に混ざってラジコンしている優しいお父さんだけど。
史上最年長ノーヒットノーラン。
本当にすごいよ!感動しました!

プロ野球が好きでよかった、中日のファンでよかった。
毎試合、そう思います。中日は自分にとって憲信も福留も会長も井端も英智も川相も小田も誰ひとり欠かせない、感動をくれるチームです。
こうなったら何歳だろうと200勝までしましょう!
大好きな昌さんをファンはずっと応援します!史上最年長ノーヒットノーラン

そして今年は絶対優勝するぞ!!!
comments(1) | trackbacks(1) | PAGE TOP↑
バックダンサーズ
category: cinema | author: 二葉
ソニン見たさに行ってきました、バックダンサーズ!
そもそも、109シネマが名古屋にできてから一度も行った事が無かったので、半分は109行きたさだったんですが。ちょうど友達も見たかったというので以前よりのシュガー&スパイスの観賞企画はとばしてこちらを先に決行しました。

何故か予定になかった3ボケの3人目も参加することになって、約束は3時に。こんな長い付き合いで3人で映画見るのはよく考えたら初めてでした。
まぁしかし、マイペースBガタンは勝手に待ち合わせ場所を指定するわ、のびのびOガタンは映画開始時刻に到着するわ・・。この3人はこんなもんです。

そんな話はいいとして、感想はというと。
予想外に良かったな。
青春を逃した、忘れかけている、取り戻したい大人の方。
今、青春真っ只中で悩んだり、青春の時期をくだらないと思っている若者。
ぜひ見ていただきたいです。
映画なんで、実際の芸能界はとか、ホントのダンスの世界はとかは細かく追求せずに純粋な内容として心に響くものがあると思います。
4人の女の子がそれぞれ友情や夢や守りたいものに一生懸命向き合うわけですが、大人になるとそんな単純なことがなかなかできなくなります。色んなことを飲み込んだり、自分の気持ちを押し込めたり。この映画で私が何より印象に残っているのは登場人物、特に主になる子たちが自分の思いをぶつけるシーン・・泣いているのか怒っているのか、とにかく叫ぶ叫ぶ。こんなに気持ちを吐き出せたら楽だろうなぁって見終わったあと友人に言ったんですが、彼女もうなずいていました。

ちょうど学園祭シーズンでなんとなく高校時代の学祭、泣いたり笑ったりした日を思い出した映画でした。

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ドラ!フト
category: プロ野球 | author: 二葉
やったー!堂上くんおめでとうー!
昨日のドラフトは色々と波紋もあったようですが、中日は大成功です。
父・兄・弟そろって中日の選手なんて夢みたいだぁ。お兄さんと同じ野手の選手なのでいいライバルとなって未来は兄弟で試合に出たりしたら・・。新井とか吉見とか若い選手が成長していて、しかも先輩となるのが憲信や福留で、監督は落合監督で。すごい楽しみ!もう何も不安はないですね!もう永遠に私は中日を応援し続けます!

一応、社会的な盛り上がりとしては、駒苫の田中くんは楽天に決まりましたね。
いろいろインタビューとか読みましたが、クールというかマイペースというか何にもとらわれない素直な発言が好きです。楽天と聞いたとき、あぁかわいそうにと失礼ながらも思ってしまったんですが、彼は全然前向きで「どこに行っても自分の野球をするだけです」なんてスポーツ選手らしい発言で、田中くんが言うとコトバに嘘はなさそうでいいですね。秋にぴったりの爽やかさです。

まだこれから大学生と社会人のドラフトがありますが、財布を盗まれた落合監督がまた幸運のくじをひけますように・・。(くじをひくのは監督じゃないらしいですが)
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
もしも昨日が選べたら
category: cinema | author: 二葉
映画の配給会社はもう少し映画館の窓口で言いやすい邦題をつけてほしいと思うのですが・・。
まぁ、見てきました。ゲド戦記がなぜかアダム・サンドラーになりました。TAXIの人らしいですけど、一回見たことがある割にはすっかり忘れていました。
内容は、コメディーなんで、コメディーらしくブラックな感じでおもしろく、しめるところはしめて最後はすっきりいい終わり方でした。映画自体が伝えたいメッセージも単純でわかりやすかったし、脇にいい役者をそろえていてよかったです。ただ、TAXIを見たときもそうだったんですが、このテの映画の笑いがたまにわからなくて、後ろの席にいた人は爆笑してるのに笑えなかったりしました。ツボが違うのかなぁ。

映画の内容はさておき、もし自分になんでもできるリモコンがあったとしたら・・。(映画では一度操作したことは記憶して次回からも同じ操作がされるようになっていましたが、それはないとして。)
早送り、したいときはたくさんあるなぁ。例えば週末が待ち遠しくて仕事がつまらないとき。予備校までの移動時間。虫歯が痛いとき。
巻き戻し、はしたくないかな。過去に戻っても昔の自分の姿を眺めるだけなら
幸せだったり楽しかったりしたときほど見るのは辛いから。
一時停止、したいときあるある!服屋で迷ってるのに店員がうるさいときとか。
このリモコンのポイントは未来へ早送りしたときにはもちろん今の自分がそこにいて、行動を選べるわけですが、過去に巻き戻しだときは巻き戻した過去を眺めるだけでもう一度やり直すことができないとこですね。タイムマシーンと違うのは過去を変えられないところという訳です。
だから映画の内容としても今をいかに大事に生きるかがテーマとして描かれていて、私がこれを見てそうだなぁと考えを改めるかは謎ですが、過去を後悔しがちな私としては身につまされるお話でした。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
new old
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH